食の安全の国際認証「ISO22000」を取得。「牧場の牛から食卓の子供まで、全てのフードチェーンに良い影響を与える会社 を目指します。


当社の前身である会社は20年程前から、他社に製造を委託した食品(洋菓子やジャムなど)を全国のホテル・結婚式場に納品するという仕事をしていました。

他社の商品を取り扱っている時、年に1〜2件は大きなクレームが起きることがありました。いったんクレームが起きると、納品先での商品回収や謝罪と並行して、製造工場で原因究明も行います。しかし、現場で原因を調査してみると、「きわめて単純な原因」「少し注意していれば防ぐことができた原因」という場合も少なくありませんでした。中には、なんと、現場の作業担当者が「さっきの商品に異物が入ってしまったかも……」と気づいていながら、「その報告をしたら、今日製造した大量の商品が全品廃棄になってしまう」と思って言い出せなかった――という事例もありました。

「現場では『万一の事故』も起こらないようにすべき」と考えています。謝罪に行った先で「顔も見たくない」と追い返されたこともありますし、(クレームのせいで)悔しい思いをしているお客様の顔も見てきました。謝罪をしながら「こんなつまらない原因で事故が起きたのだから、お客様は怒って当然」と思ったこともあります。今になって振り返ると、当時から「自分たちが加工施設を運営することがあれば、『異物などのクレームが万一にも起こらない仕組み作り』には妥協せずに取り組もう」と考えていました。それが、ISO22000認証を取得したきっかけです。




2020年の東京オリンピックに向け、世界中のお客様が日本へいらっしゃいます。弊社の主なお取引先のホテル・レストラン業界や百貨店業界は食の安心安全の取り組みに急ピッチで取り掛かっています。私たちも「美味しくて安全な食品」を提供し、おもてなしの一翼を担えればと思っています。ISO22000の目的の一つ「全てのフードチェーンに良い影響を与える。」という言葉を大切に受け止め、それを実践して参ります。 当社のロゴマークに隠れている、「牛と子供」の間にあるのが、我々食品メーカーであることを日々自覚しつつ。



株式会社インコントロ      代表取締役   伊徳 恵里子